メールが読まれやすい曜日がある

ステップメールの外注に求められる機能

ステップメール配信システムをサービスとして提供している業者も多いのですが、どういった機能がステップメールには求められるのでしょうか。ステップメールによらず、メールの一斉配信というのはマシンパワーを必要とするものです。普段の業務に使っているパソコンで行うのはハッキリ言って不経済です。他の仕事ができる時間を奪ってしまいます。だから外注の価値があるのです。
さて、外注の際に必要な機能というのはまずマシンパワーであることは間違いありません。それに加えて、顧客リストの管理数です。リストの件数や種類の数などに決まりがあることが多いです。そして、そのリストの管理体制などについてもしっかり確認しておきましょう。毎回の送信の結果から、メールが届かなかったアドレスなどを抽出して教えてくれることも大事なことです。こういった機能を提供しているところも増えてきており、リスト管理の効率化にも役立っています。
そして、登録できるストーリー数、差し込みできる内容、HTML対応の有無、空メールによる登録機能や登録解除など、メールとして提供できる機能も大事です。さらに、ステップメールのみならず通常のメルマガのような一斉配信が可能か、予約配信も可能かなど確認しておきましょう。料金だけで選びがちですが、機能が充実しているところは価格以上の価値があります。

ステップメールの有効な配信間隔と時間は?

ステップメールの大事な要素に、配信間隔や配信時間というものがあります。読んでもらえてこそステップメールの効果がありますが、その感覚や時間帯によっては購読者に負担感を与えたり、また悪印象になることもあります。気持ちよく読んでもらえるようにするためには、よく考えるべき項目です。
ステップメールの配信間隔に正解があるのではありません。メールの内容や分量によっても違いがあるのが普通です。これはテストを繰り返しながら、最も良い反応率を伺ってみるのが一番です。
ただし、心理学的には良い印象の場合は接触回数が多いほど印象は良くなるそうです。そのため、最初に登録してくれるところでは良い印象があるはずですから、最初に頻度高くメールを配信し、徐々に間隔を伸ばすようにするというのが一般的です。
配信時間については、読まれやすい曜日が統計的にあって、火曜日が最も開封率、クリック率が高くなっているそうで、次は木曜日です。急ぎではないメールは外出先ではなくオフィスや自宅で開くことが多く、比較的落ち着いている曜日や時間帯が良いようです。また、メールを見ているだろうタイミングでメールが届くと、開封率が上がります。業務開始や昼休み前後などが特に狙い目となります。メールマーケティングサービスを専門にしている業者にはこういったデータも多いので、相談してみると効果的な提案をしてくれることもあります。

インフォメーション

お得情報を効率よく届けたければステップメール

上手なステップメールの送り方 メールと言えば、ほとんどの人が知っている言葉だと思いますが、ステップメールとは何のことだ…

もっと読む

メールが読まれやすい曜日がある

ステップメールの外注に求められる機能 ステップメール配信システムをサービスとして提供している業者も多いのですが、どうい…

もっと読む

ターゲットを絞って配信

ステップメールとはどんなもの? メールマーケティングの中の代表的な手法のひとつがステップメールです。 アドレスのリス…

もっと読む

ステップメールでお客様の心をつかむ

ステップメールのメリット ステップメールとは、ある日を起点として前もって用意しておいた複数のメールを予定通りに順番に送…

もっと読む

Copyright(C)2017 メルマガとは似て非なるステップメールの活用法 All Rights Reserved.